ランダムアクセスメモリ

沖縄移住、マンガ、Web制作、ゲーム、将棋の話をランダムに。

 

「もしならツクール」で10連ガチャをつくる

こんにちは。

占いや診断テストが簡単に作れる「もしならツクール」で10連ガチャを作る方法を紹介します! 超簡単ッス!

作成する10連ガチャはこんな感じの簡易的なもの。

ともだち10連ガチャ

 

仲の良い友だちやSNSのフォロワーでつくるとよいかも。

というわけで手順紹介

 

 

f:id:onsen222:20171005081946p:plain

まずはアカウントの作成。Twitterユーザーなら「Twitterでログインして作成」が簡単。メールで認証したいときは「こちら」から行える。

f:id:onsen222:20171005081952p:plain

「連携アプリを認証」をクリック。読み取り権限だけなので、悪用されることはない。

 

f:id:onsen222:20171005081956p:plain

管理画面になるので「新規作成」をクリック。

 

f:id:onsen222:20171005082000p:plain

「タイトル」と「概要」をいれたあと、「結果テキスト1」を入力。

ここがキモで、

#rare#item
#rare#item
#rare#item
#rare#item
#rare#item
#rare#item
#rare#item
#rare#item
#rare#item
#rare#item

こんな感じにすれば、レアリティ+アイテムが10個並んで表示されるようになる。

f:id:onsen222:20171005082005p:plain

「アイテム」に、結果で表示されい名前を「,(カンマ)」区切りで入力しよう。

「非公開」を選択すれば、内輪だけでも楽しめる。

 

最後に、「作成する」をクリックすれば、作成完了!

f:id:onsen222:20171005082008p:plain

作品名をクリック!

f:id:onsen222:20171005082012p:plain

名前を入力して、試してみよう!

f:id:onsen222:20171005082016p:plain

結果の表示。今回は出なかったけど、SR(3%)とUR(1%)も出る。

 

f:id:onsen222:20171005082022p:plain

管理画面の「各種ログ表示」から、結果のログが見れるよ。修正したい場合は、「作品作成・管理」から。テストもできる。

 

というわけで、レッツ10連チャレンジ!