ランダムアクセスメモリ

沖縄移住、マンガ、Web制作、ゲーム、将棋の話をランダムに。

 

桜坂劇場のカフェ「さんご座キッチン」そして「素敵なダイナマイトスキャンダル」

天気の良い土曜日、散歩しながら桜坂劇場へ。

f:id:onsen222:20180401163411j:plain

初めて訪れたけど、いい雰囲気!

f:id:onsen222:20180401163429j:plain

f:id:onsen222:20180401163446j:plain

いろいろなイベントがあるみたい。

f:id:onsen222:20180401163503j:plain

1階には本屋と雑貨屋がある。2階にはやちむんが売ってるエリアも。

f:id:onsen222:20180401163520j:plain

目当ての映画の上映時間までに時間が合ったので、1階にあるカフェへ。

f:id:onsen222:20180401163544j:plain

やちむんに注がれたカフェラテでくつろく。映画目的じゃなくてもいいカフェだっと思う。そこそこ近所だし、また来たい。

 

ちなみに桜坂劇場で観た映画は「素敵なダイナマイトスキャンダル」。

dynamitemovie.jp

70-80年代に活躍した編集者・末井昭の自伝的エッセイをベースにした映画。

自分の中で末井昭といえば、エロ本の編集者でもパチンコ必勝ガイドの編集者でもなく、西原理恵子のまぁじゃんほうろうきに出てきた末井どん

f:id:onsen222:20180401165404j:plain

マンガ内で、末井どんの著書に母親がダイナマイト自殺した「素敵なダイナマイトスキャンダル」がある、みたいなことが書いてあって、当時はジョークだと思ったけど、本当だと知って驚愕した過去が。

さらに2018年になってまさかの映画化。二度目のびっくり。

というわけで、桜坂劇場Bホールで視聴。客の入りはキャパの1/5くらいかな? 年齢層は高めだった。そりゃそうだ。

 

138分の視聴完了……。

70-80年代のサブカルチャーの雰囲気を楽しみたいという人には最高だと思う。柄本佑を筆頭に、俳優陣の演技もすばらしい。末井どんの愛すべきダメ人間ぶりも存分に描かれていたし、末井どん以上にヤバイ周囲の人々もよかった。

ただ、万人に楽しめるかというとそうでもないかも。観る人を大きく選ぶタイプの映画だろう。

138分というのもちょっと冗長で、90分くらいにまとめてほしかったなー。ラブドールのシーン、いる?

とりあえず、エッセイのほうの「素敵なダイナマイトスキャンダル」は読んでみたいので、電子書籍化希望です!