ランダムアクセスメモリ

沖縄移住、マンガ、Web制作、ゲーム、将棋の話をランダムに。

 

藤井聡太七段、最年少タイトル初挑戦をかけた大一番!

将棋ファン注目の大一番が本日(2019年11月19日)行われるので、紹介させていただきたい。

本日の王将戦挑決リーグの最終戦。

藤井聡太七段が広瀬章人竜王に勝利すれば、ついにタイトル挑戦が実現するのである。

挑戦が決まれば屋敷伸之九段の最年少挑戦を更新して最年少。
ちなみに広瀬竜王が勝利すれば、広瀬竜王が挑戦となる。つまり勝ったほうに挑戦権があるのだ。

現在、藤井聡太七段は7連勝中。対局相手には糸谷哲郎八段、羽生善治九段、青嶋未来五段、久保利明九段ら強豪棋士も含まれるので調子はよいといえるだろう。

対する広瀬竜王は、竜王戦で豊島将之名人に0勝3敗とガケっぷちに追い込まれている。しかし、今期は決して調整が悪いわけではなく15勝7敗。ここ10戦で負けたのは渡辺明三冠と豊島将之名人の2人だけ。現在の将棋界はこの2人の実力が突き抜けているだけで、決して広瀬竜王が弱いわけではないのだ。

戦型の予想は角換わり。
広瀬竜王といえば、振り飛車王子として一世を風靡したが、現在は居飛車党。
角換わりといえば右玉を期待したいところだが、後手番の広瀬竜王が採用する可能性は低そうだ。

 

 

 

さて、その期待の一局はどこで見られるか?
映像中継は残念ながら将棋プレミアムの有料放送のみ。

将棋プレミアム - 生中継|囲碁・将棋チャンネルホームページ

※視聴には1500円が必要。


一方、棋譜中継は無料で見られる! 毎日新聞さんありがとう!
第69期大阪王将杯王将戦挑決リーグ 藤井七段-広瀬竜王 - 毎日新聞

 

また、スマホ向けの将棋連盟ライブ中継アプリでも棋譜中継は見られる。こちらも有料だが、加入している人は多いだろう。

というわけで、藤井聡太七段が最年少挑戦を決めるのか?
それとも広瀬章人竜王がタイトルホルダーの意地を見せるのか?

楽しみな大一番である。なお、現在の王将位は全盛期を迎える渡辺明三冠。王将戦も楽しみだ。

 

※将棋好きな方は以下もぜひ!

あなたがもし藤井聡太七段と対局したら?

あなたがもし将棋棋士だったら?

 さらにこちらも

将棋アンテナ右角