ランダムアクセスメモリ

沖縄移住、マンガ、Web制作、ゲーム、将棋の話をランダムに。

2009年刊「人類滅亡大全」は、新型コロナを予想していたか?

2009年、今はなき洋泉社から「人類滅亡大全」というムックが発売された。
当時オカルト業界でブームだった2012年滅亡説に乗った「地球人類が滅亡するならどんな原因か?」ということを、広く浅く扱うムックである。

企画・編集は自分の知り合いでもある梅田勝司さん。
人類滅亡をリアルに願っているガチの人である。ブログは以下。

ameblo.jp

 

で、「人類滅亡大全」の目次は以下の通り。

【第一章 地球を襲った5大絶滅】
●地球の始まりは黙示録の”終焉”のように
●地球全体が凍る「スノーボールアース」
●人類誕生以前に地球を襲った大絶滅
●恐竜を滅ぼした巨大隕石衝突!
●ヒマラヤを作った大地殻変動
●人類拡散の過程で滅びた人種たち
●現在は第6の絶滅期真っ只中だ!

【第二章 人類を滅ぼす戦争と謀略】
●人類・血塗られた戦争史
●911でテロは首都壊滅戦になった!
●旧世界の終わりと世界再編の危険
●超殺戮兵器で地球は滅亡する!
●選ばれし人間が人類を滅ぼす?
●日本は侵略される? 中国の野望

【第三章 自然破壊が招く大災害と滅亡】
●温暖化暴走で地球はジュラ紀になる!
●環境破壊・自然災害で滅びた文明
●世界規模で進む深刻な砂漠化
●過剰な狩猟が招く生物絶滅の結末
●巨大ハリケーンが都市を壊滅させる
●海流が地球環境を激変させる!
●火山・地震は自然による自然破壊か!?
●日本を襲う巨大地震、富士山噴火パニック

【第四章 人類を襲う凶悪ウイルス・病】
●新型インフル最悪のシナリオ
●過去に人類を襲った凶悪ウイルス
●全身から血を吹いて死ぬ、エボラ出血熱
●続々生まれる凶悪ウィルス
●いまだ解明されないエイズの恐怖
●人類のタブー・細菌兵器
●増え続ける病死原因トップの癌
●メタボリック症候群が不況下の人類を破滅させる!?

【第五章 宇宙がもたらす完全大絶滅!】
●明日にも起こりうる彗星・小惑星激突!
●太陽の巨大フレアで地球全停電!
●増え続けるデブリが降ってくる!
●彗星・宇宙塵がもたらす未知の生命体
●宇宙を高速移動する地球が遭遇するもの
●並木伸一郎・緊急インタビュー!

 

気になるのは「第四章 人類を襲う凶悪ウイルス・病」。
当時は新型インフルエンザが大流行していたので、やはりそちらが中心。それでも「続々生まれる凶悪ウイルス」で研究室などで生まれるウイルスも扱っている。もちろん、新型コロナウイルスが研究所生まれというわけではないが……。

ちなみにこの本。自分も第五章で少し協力させてもらった。
この本ともう1冊でしか使っていない、謎のペンネーム「二宮裕一」という名前である。
編集なかやまさんから、「名字と名前に両方数字があるのは変じゃない?」と言われ、それ以降は使っていないが。

Amazonでは激安で販売されているので、興味のある方はどうぞ。

 

 

人類滅亡大全 2012年人類は本当に滅びるのか? (洋泉社MOOK)