ランダムアクセスメモリ

沖縄移住、マンガ、Web制作、ゲーム、将棋の話をランダムに。

【アマプラ】香取慎吾がギャンブル依存のダメ人間を熱演「凪待ち」

ネットでの評判がいいので、香取慎吾主演の「凪待ち」をAmazonプライムビデオで観た。ギャンブル依存症の男が内縁の妻と共に妻の実家に戻るという物語。監督は「孤狼の血」の白石和彌。キャストは西田尚美、恒松祐里、音尾琢真、リリー・フランキーなど。

f:id:onsen222:20210409012550j:plain

川崎の印刷所をクビになった郁男(香取慎吾)は、内縁の妻である亜弓、その娘・美波と宮城の実家に移り住む。郁男は知人のつてで印刷会社で働き出すが、ノミ屋にハマってしまう。そんな中、娘の美波は幼馴染と再開して夜遊びへ。亜弓と郁男は連絡の取れない美波を探すが、車中で口論になってしまい離れ離れに。美波は見つかるものの、亜弓は殺されてしまう……。

……とストーリーはこんな感じ。公式サイトに亜弓が殺されるまでは書かれているので、恐らくネタバレにはならないだろう。

で、香取慎吾演じる郁男だが、とことんダメ人間。ダメ人間というよりは、重度のギャンブル依存症という方が適切か。仕事はかなりできる描写もあるし、性格は悪くない。むしろ、良い方なんだろう。余談だが、ギャンブル依存が出るときの独特のグニャーっとした演出は面白い。カイジ風といっていいのだろうか?

 

物語のポイントはのひとつは、誰が亜弓を殺したか? ということだが、これは予測できるかもしれない。とくに意外ではなかった。

郁男の行動にムカムカする点は多いが、最後の最後は救いのある感じなので、後味は悪くない。亜弓の父が味方になってくれる理由もちゃんと描写されているので納得感もあるので、そこはよかった。

というわけで、アマプラの会員ならぜひどうぞ。

 

凪待ち

 

nagimachi.com