ランダムアクセスメモリ

沖縄移住、マンガ、Web制作、ゲーム、将棋の話をランダムに。

2020年の最新UMPCまとめ(OneGx1、OneMix 1S+、NANOTE、GPD WIN MAX、Reevo Pro)

UMPC(超小さいPC)がほしい!
(……と1年前から思っているが未だ購入には至っていない)

blog.yublog.com

 

何度も言っているが、僕はLibretto 30を購入して以来、小さいパソコンが大好きなのだ! 同じような人は多いだろう。

UMPCはVAIO Type P以降、不遇な時代を迎えていたが、ここ数年復調しつつある。
いや、復調どころか全盛期を迎えているのかもしれない。
各メーカーから次々に新しいUMPCが発表されていて、追いかけるのも大変なレベルだ。

というわけで、2020年6月現在の最新UMPCの状況をまとめてみたい。

 

7インチUMPC

現在のUMPCブームのさきがけとなったのは、2017年に発売された7インチサイズのGPD Pocketだろう。
7インチUMPCのメリットはポケットに入るコンパクトさと、500g程度の重量。一方でキーボードはかなり変則なものが多いことがデメリットと言えるだろう。

恐るべきハイスペックのゲーミングUMPC
OneGx1

f:id:onsen222:20200605181723j:plain

OneGx1は6月29日発売、8月出荷予定のUMPC。
特徴は第10世代であるCore i5-10210Yを搭載し、メモリは8GBか16GB、ストレージは256GBか512GB(PCI Express SSD)という恐るべきスペック。M.2スロットもあり、LTEモジュールも搭載できる。
専用の無線コントローラをニンテンドースイッチのように左右につけることも可能だ。

魅力満点だが、価格が現時点で未定。低スペック版でも10万円を超えてくるかもしれない。

廉価版OneMixがパワーアップ!
OneMix 1S+

f:id:onsen222:20200605181859j:plain

人気のOneMixシリーズのうち、OneMix 1Sのマイナーバージョンアップ版。CPUがCore i3になっいる。ONE-NETBOOKの日本語公式サイトには掲載されていないが、Amazonでなぜか販売されいてるという謎のバージョンで、水色の筐体が特徴だ。価格は7万6,999円+送料。ほとんどOneMix 2Sと同じじゃん、という感じだが、公称スペックを見る限りOneMix 1Sの方がわずかに軽く、価格も5,000円くらい安い。

 

6/30追記 公式にも出てました!

www.one-netbook.jp

 

1万9,800円の激安ドンキUMPC!
NANOTE

f:id:onsen222:20200605182102j:plain

激安の殿堂ドン・キホーテが突如発売した7インチUMPC。衝撃的なのは価格。1万9,800円! 一方のスペックも衝撃的な低さで、ゲームはもちろん、動画視聴もかなり怪しいレベル。ネット上ではトラブル報告も数多くあるので、購入する前にひと通りチェックした方がよいだろう。しかし、十分な知識があるのであれば、工夫次第で値段分以上楽しむことは可能だ。


 

 

 

 

8インチUMPC

8インチサイズは、現在UMPCの中で主力になりつつある。1kgを遥かに下回る価格ながら、見やすい画面に標準に近いキーボードを備えるマシンが多い。ヘビーに使いたいならこちらがおすすめ。

超ハイスペックキーボード内蔵マシン
GPD WIN MAX

f:id:onsen222:20200605182507j:plain

コントローラを内蔵するGPD WINの進化系。第10世代Core i5、16GBメモリ、512GB SSDというハイスペックを誇り、完成度はかなり高そう。このスペックで税込み10万少々というのはお得かもしれない。
発売が8月下旬とやや先だが、現在複数の代理店で予約受付中。代理店によって付属品などが異なるので注意したい。

www.gpd-direct.jp

日本メーカー発のオシャレなUMPC
Reevo Pro/Reevo

f:id:onsen222:20200605182841j:plain

「EDGENITY」というあまり聞かない会社ではあるが、日本メーカー発のUMPC。
Reevo ProはCPUがCore i7-8500Yで16GBというハイスペック。ストレージが128GB eMMCというのがネックだが、オプションでSSDも増設可能(ただし、増設した場合でもOSが高速なSSDに入ってくれるかは謎 6/17の追記を見ると高速なSSDの方にインストールしてくれるらしい!)。キーボードは「かな」こそ印刷されていないが日本語仕様。ローマ字変換を使っている人ならまったく問題ないだろう。外観のデザインもかなりオシャレ。ただし、完全オリジナルというわけではなく、CHUWI MiniBookをベースにしていると思われる。現在クラウドファンディング中で、40%オフの77,900円なら購入可能。廉価版のReevoは、CPUがIntel N4100、メモリが8GBだがこちらは37,900円とかなり安価だ。

camp-fire.jp


CHUWI MiniBookライクだがスペックはやや低い
MAL-FWTVPCM1

f:id:onsen222:20200605182931j:plain

こちらも謎の日本メーカーMARSHAL発の8インチUMPC。Reevo同様、筐体のベースはCHUWI MiniBookと思われるが、CPUがPentium Silver N5000、メモリ4GB、ストレージが128GB eMMCとスペックはギリギリ。Amazonにて59,800円で売られているが、やや高めかもしれない。魅力は即購入できるということか。

スペックのまとめ

7インチ

製品名 OneGx1
(ONE-NETBOOK ONE GX1)
OneMix 1S+ NANOTE
価格 不明 76,999円 19,800円
OS Windows 10 Windows 10 Windows 10 Home
ディスプレイ 7インチ 7インチ 7インチ
CPU Core i5-10210Y Core m3-8100Y Atom x5-Z8350
メモリ 8/16GB 8GB 4GB
ストレージ 256/512GB SSD 256GB PCIe SSD 64GB eMMC
重量 約623g 約500g 520g
備考 着脱式コントローラー   ドン・キホーテで販売
発売日 2020年8月 発売中 発売中
予約開始 6月29日 発売中 発売中

 

8インチ

製品名 GPD WIN MAX Reevo Pro Reevo MAL-FWTVPCM1
価格 92,600円(先行予約) 77,900円(先行予約) 37,900円(先行予約) 59,800円
OS Windows 10 Home Windows Pro Windows Pro Windows Pro
ディスプレイ 8インチ 8インチ 8インチ 8インチ
CPU Core i5-1035G7 Core i7-8500Y Celeron N4100 Pentium Silver N5000
メモリ 16GB 16GB 8GB 4GB
ストレージ 512GB SSD 128GB eMMC 128GB eMMC 128GB eMMC
重量 790g 663g 663g 665g
備考 ゲームパッド内蔵 日本語配列 日本語配列 日本語配列
発売日 2020年8月下旬~9月中旬 2020年9月 2020年9月 発売中
予約開始 発売中 発売中 発売中 発売中

 

 

 

湯一路の総評

UMPCでゲームをするのが目的なら7インチの「OneGx1」と8インチの「GPD WIN MAX」の2択。いずれもハイスペックなので、大抵のゲームも問題なく遊べるはずだ。両者とも発売予定が8月なので、しばらく待つ必要はあるが……。

出先で使う用としては、「Reevo Pro」が魅力的に見える。発売元の実績がないことが少し怖いが、デザインは優れているし、SSDを増設すればスペック的にはまったく問題ない。

「OneMix 1S+」は、コストパフォーマンスがグッド。実績もあるし、Amazonで即購入できるのも魅力。ただし、OneMixシリーズの情報は豊富にあるものの、「OneMix 1S+」自体の情報が少ないことが気になるところ。

「NANOTE」については、スペックが実用的ではないし、問題も多いのがネック。1万9,800円のおもちゃと割り切れる人向けだ。

 

それからUMPC全機種に言えることだが、ファンの排気音が結構うるさい場合がある。とくにゲーミングPCは高負荷になることが多く、排気音の大きさは問題になるはずだ。ここらへんが気になるのであれば、購入者レビューを待った方がよいかもしれない。

 

そのほかガジェット系ニュースは以下からどうぞ!

ガジェットアンテナ牙次郎