ランダムアクセスメモリ

沖縄移住、マンガ、Web制作、ゲーム、将棋の話をランダムに。

新宿三丁目の沖縄料理屋さん「城(ぐすく)」

何度も紹介しているが、新宿三丁目にある沖縄料理屋さん「城(ぐすく)」へ。 雑居ビルの2階にある。一見では入りにくいかもしれないが、全然問題ない。誰でもウェルカムな店である。最近、店内がきれいかつ明るくなった。 店内ではしんたろうと、その彼女と…

壺川「鶴小」でポーク炒飯半そばセット

壺川にある沖縄そば屋さん「鶴小(ちるぐゎー)」へ初訪問。 比較的広めな駐車場がある。 食品サンプルあり。 メニューはこんな感じ。 炒飯フェアー。いつからいつまでやってるんだろ……。 期間限定メニュー。 ポーク炒飯と半そばのセット(930円)。 ポーク…

二宮町「松本庵」でランチセットのそばと丼

二宮町のそば屋さん「松本庵」へ。 二宮駅の近く。文房具の吉田屋さんの前。 店内はコロナ対策で4人がけの席で対面にならないようにしていた。 メニューはこんな感じ。 ランチセットもあり。 ミニ丼とミニ蕎麦(990円)を選択。 ミニ天丼だけど十分な量。 …

マンガ版の「麻雀放浪記(原作・阿佐田哲也/絵・嶺岸信明)」が最高に良かった

麻雀放浪記とは成人男性の全員が読んでいるという(多分)、ノワール小説の傑作中の傑作。原作は雀聖にして直木賞作家の阿佐田哲也(色川武大)。令和生まれのキッズは「哲也~雀聖と呼ばれた男」の元ネタとして知っているかもしれない。 で、そんな麻雀放浪…

すし江戸っ子 二宮店で「ぼたん」の出前

3年ぶりに家族全員集まるということで、すし江戸っ子 二宮店で出前を頼むことに。 これはチラシ。 ぼたん(1,500円+税)を選択。 じゃーん! 美しい出来! かつては寿司が苦手だった僕であるが、完全に克服したようだ。大人の階段を登り切ったのだろうか? …

放映中アニメを網羅! アニメ好きのための総合メディア「アニメガホン」

今回紹介するWebサービスは、アニメ好き向けの総合メディア「アニメガホン」。 現在テレビ放映されているアニメを網羅し、作品ごとに概要や各話あらすじ、考察、人物相関図、Twitterでの評判などをまとめて掲載している。最新話を見る前に「前回ってどんな話…

新宿三丁目「東急ステイ新宿」にGOTOで泊る

新宿三丁目にあるビジネスホテル「東急ステイ新宿」にGOTOトラベルを利用してきて泊ってきた。 新宿三丁目駅の近くにあるビジネスホテル。 オシャレな外観。 目の前には沖縄料理屋の城(ぐすく)。これが選んだ理由。 704号室だった。角部屋。カードをタッチ…

二宮町「西海亭」でこってりラーメン

以前から気になっていた二宮町にある「西海亭」へ初訪問。 新幹線の線路の近く。具体的にはここらへん。 店内はコの字型のカウンター。メニューは壁にある通り。 今回はこってりラーメン(600円)を選択。醤油強めでおいしい! 甘めの醤油で醤油の香りが鼻か…

小田原ダイナシティ「鎌倉かつ亭 あら珠」で再びランチとんかつ

小田原ダイナシティ「鎌倉かつ亭 あら珠」へ。2年振りくらい? blog.yublog.com 小田原ダイナシティWESTモール4階にある。 ランチメニュー。 というわけで、Bランチ(1265円)を選択。 サックサクのとんかつ。 ごはんはお櫃から。キャベツとみそ汁もお替り…

西湘バイパス西湘二宮ICの入口は相模湾が一望出来ていい感じ

西湘バイパスとは海沿いを走る有料道路。 全国的にも有名な国道134号線の西の果てにあり、その続きである。 そんな西湘バイパスの湘南二宮ICの入口はかなりいい感じ。 海に向かって真っすぐいき、小田原方面へカーブする。 大きく右へ曲がる。 相模湾! この…

見逃した詰み その126(詰将棋の手筋な9手詰み)

将棋ウォーズ 3分戦 vs 二段より(上下反転・改題) 飛車を切って1七の金を取った局面。実戦ではこの局面にせず安全勝ちとした。 詰将棋的な手筋は?

神奈川県二宮町富士見ヶ丘の風景(おまけに猫)

春に散歩したフォトジェニックな場所。 blog.yublog.com 秋の風景もお届けしたい。 おまけのピアノ。 半目のピアノ。 それではまた。

見逃した詰み その125(簡単な5手詰み)

将棋ウォーズ 3分戦 vs 四段より 詰みがある、とわかっていれば簡単な局面。時間がなくて見逃してしまった……。

実家の猫の写真

コロナに気をつけながら、久々の実家へ。 スカイマーク那覇→羽田便は7,710円と安価だった。ありがとうスカイマーク。マスクももらったよ。 というわけで、実家の猫たちを久々に紹介したい。 ピアノ。相変わらず可愛い。異常な可愛さ。 オルガン。呼びかけに…

見逃した詰み その124(実戦で盲点な3手詰み)

将棋ウォーズ 3分戦 vs 五段より 五段の方は3分戦にしては長考(24秒)の末、△3七香打。 自玉の3手詰みが見えてなかったということだろう。高段でも短い将棋ならあり得る話。というわけで今回は、見逃した詰みではなく、見逃してもらった3手詰みです。